万葉集 第4巻 689番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻689番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 689番歌

第4巻
歌番号 689番歌
作者 坂上郎女
題詞 (大伴坂上郎女歌七首)
原文 海山毛 隔莫國 奈何鴨 目言乎谷裳 幾許乏寸
訓読 海山も隔たらなくに何しかも目言をだにもここだ乏しき
かな うみやまも へだたらなくに なにしかも めごとをだにも ここだともしき
英語(ローマ字) UMIYAMAMO HEDATARANAKUNI NANISHIKAMO MEGOTOWODANIMO KOKODATOMOSHIKI
海や山で隔てられているわけでもなく、すぐそばに住んでいるのに、どうして目くばせさえもこんなに出来ないのかしら。
左注
校異
用語 相聞、作者:坂上郎女、恋情
タイトルとURLをコピーしました