万葉集 第4巻 765番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻765番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 765番歌

第4巻
歌番号 765番歌
作者 大伴家持
題詞 在久邇京思留寧樂宅坂上大嬢大伴宿祢家持作歌一首
原文 一隔山 重成物乎 月夜好見 門尓出立 妹可将待
訓読 一重山へなれるものを月夜よみ門に出で立ち妹か待つらむ
かな ひとへやま へなれるものを つくよよみ かどにいでたち いもかまつらむ
英語(ローマ字) HITOHEYAMA HENARERUMONOWO TSUKUYOYOMI KADONIIDETACHI IMOKAMATSURAMU
ひと山隔たった地に彼女はいる。門口に出てみると絶好の月夜。彼女も門口に出て同じ月を眺めて私を待っているのだろうか。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 相聞、作者:大伴家持、坂上大嬢、恋愛
タイトルとURLをコピーしました