万葉集 第4巻 766番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻766番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 766番歌

第4巻
歌番号766番歌
作者作者不詳
題詞(在久邇京思留寧樂宅坂上大嬢大伴宿祢家持作歌一首)藤原郎女聞之即和歌一首
原文路遠 不来常波知有 物可良尓 然曽将待 君之目乎保利
訓読道遠み来じとは知れるものからにしかぞ待つらむ君が目を欲り
かなみちとほみ こじとはしれる ものからに しかぞまつらむ きみがめをほり
英語(ローマ字)MICHITOHOMI KOJITOHASHIRERU MONOKARANI SHIKAZOMATSURAMU KIMIGAMEWOHORI
道が遠いので来られないと分かっていながら、それでもあなた様にお逢いになりたくてお待ちになっていらっしゃるのでしょう。
左注
校異
用語相聞、大伴家持、坂上大嬢、久邇京、作者:藤原郎女
タイトルとURLをコピーしました