万葉集 第4巻 742番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻742番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 742番歌

第4巻
歌番号742番歌
作者大伴家持
題詞(更大伴宿祢家持贈坂上大嬢歌十五首)
原文一重耳 妹之将結 帶乎尚 三重可結 吾身者成
訓読一重のみ妹が結ばむ帯をすら三重結ぶべく我が身はなりぬ
かなひとへのみ いもがむすばむ おびをすら みへむすぶべく わがみはなりぬ
英語(ローマ字)HITOHENOMI IMOGAMUSUBAMU OBIWOSURA MIHEMUSUBUBEKU WAGAMIHANARINU
一重(一回り)にあなたが結べばちょうどよかった帯も、今では三まわりも巻くことが出来るほどやせ細ってしまいました。
左注
校異
用語相聞、作者:大伴家持、坂上大嬢、遊仙窟、贈答
タイトルとURLをコピーしました