万葉集 第4巻 754番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻754番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 754番歌

第4巻
歌番号754番歌
作者大伴家持
題詞(更大伴宿祢家持贈坂上大嬢歌十五首)
原文夜之穂杼呂 吾出而来者 吾妹子之 念有四九四 面影二三湯
訓読夜のほどろ我が出でて来れば我妹子が思へりしくし面影に見ゆ
かなよのほどろ わがいでてくれば わぎもこが おもへりしくし おもかげにみゆ
英語(ローマ字)YONOHODORO WAGAIDETEKUREBA WAGIMOKOGA OMOHERISHIKUSHI OMOKAGENIMIYU
夜が白み始めた頃あなたのところから出てくるとき、名残惜しそうにしていたあなたの様子が思い出されてなりません。
左注
校異
用語相聞、作者:大伴家持、坂上大嬢、贈答、恋情
タイトルとURLをコピーしました