万葉集 第4巻 719番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻719番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 719番歌

第4巻
歌番号 719番歌
作者 大伴家持
題詞 (大伴宿祢家持贈娘子歌七首)
原文 大夫跡 念流吾乎 如此許 三礼二見津礼 片<念>男責
訓読 ますらをと思へる我れをかくばかりみつれにみつれ片思をせむ
かな ますらをと おもへるわれを かくばかり みつれにみつれ かたもひをせむ
英語(ローマ字) MASURAWOTO OMOHERUWAREWO KAKUBAKARI MITSURENIMITSURE KATAMOHIWOSEMU
ひとかどの男と思っていたその私が、こんなにまでやつれ果てて片思いに墜ちることになろうとは。
左注
校異 思 念 [元][紀]
用語 相聞、作者:大伴家持、娘子、怨恨、贈答
タイトルとURLをコピーしました