万葉集 第4巻 622番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻622番歌はこちらにまとめました。

第4巻 622番歌

第4巻
歌番号 622番歌
作者 佐伯東人
題詞 (西海道節度使判官佐伯宿祢東人妻贈夫君歌一首)佐伯宿祢東人和歌一首
原文 草枕 客尓久 成宿者 汝乎社念 莫戀吾妹
訓読 草枕旅に久しくなりぬれば汝をこそ思へな恋ひそ我妹
かな くさまくら たびにひさしく なりぬれば なをこそおもへ なこひそわぎも
英語(ローマ字) KUSAMAKURA TABINIHISASHIKU NARINUREBA NAWOKOSOOMOHE NAKOHISOWAGIMO
任地に就いて長くなったせいかしきりにお前のことが思われてならない。心配しないでおくれ、いとしい妻よ。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 相聞、作者:佐伯東人、和歌、羈旅、別離、慰め、恋情、贈答、枕詞
タイトルとURLをコピーしました