万葉集 第4巻 521番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻521番歌はこちらにまとめました。

第4巻 521番歌

第4巻
歌番号 521番歌
作者 常陸娘子
題詞 藤原宇合大夫遷任上京時常陸娘子贈歌一首
原文 庭立 麻手苅干 布<暴> 東女乎 忘賜名
訓読 庭に立つ麻手刈り干し布曝す東女を忘れたまふな
かな にはにたつ あさでかりほし ぬのさらす あづまをみなを わすれたまふな
英語(ローマ字) NIHANITATSU ASADEKARIHOSHI NUNOSARASU ADUMAWOMINAWO WASURETAMAFUNA
庭に立って、麻を手で刈り取ったり、干したり、布にしてさらす、この東国女を忘れめさるな。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 慕 暴 [元]
用語 相聞、作者:常陸娘子、藤原宇合、餞別、植物
タイトルとURLをコピーしました