万葉集 第4巻 536番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻536番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 536番歌

第4巻
歌番号 536番歌
作者 門部王
題詞 門部王戀歌一首
原文 飫宇能海之 塩干乃<鹵>之 片念尓 思哉将去 道之永手呼
訓読 意宇の海の潮干の潟の片思に思ひや行かむ道の長手を
かな おうのうみの しほひのかたの かたもひに おもひやゆかむ みちのながてを
英語(ローマ字) OUNOUMINO SHIHOHINOKATANO KATAMOHINI OMOHIYAYUKAMU MICHINONAGATEWO
意宇の海の潮干の潟といいますが、これからの長い人生をあなたを恋うる片思いのまま進んでいかねばならぬのでしょうか。
左注 右門部王任出雲守時娶部内娘子也 未有幾時 既絶徃来 累月之後更起愛心 仍作此歌贈致娘子
校異 歌 [西] 謌 / 滷 鹵 [桂][元] / 歌 [西] 謌
用語 相聞、作者:門部王、恋情、島根、地名、序詞
タイトルとURLをコピーしました