万葉集 第4巻 709番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻709番歌はこちらにまとめました。

第4巻 709番歌

第4巻
歌番号 709番歌
作者 豊前國娘子大宅女
題詞 豊前國娘子大宅女の歌一首 [未審姓氏]
原文 夕闇者 路多豆<多>頭四 待月而 行吾背子 其間尓母将見
訓読 夕闇は道たづたづし月待ちて行ませ我が背子その間にも見む
かな ゆふやみは みちたづたづし つきまちて いませわがせこ そのまにもみむ
英語(ローマ字) YUFUYAMIHA MICHITADUTADUSHI TSUKIMACHITE IMASEWAGASEKO SONOMANIMOMIMU
夕闇の道はおぼつかないでしょう。月の出を待ってからお帰り下さい。それまでお相手になりましょう。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / <> 多 [西(右書)][元][紀][温]
用語 相聞、作者:豊前國娘子大宅女、後朝
タイトルとURLをコピーしました