万葉集 第4巻 655番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻655番歌はこちらにまとめました。

第4巻 655番歌

第4巻
歌番号 655番歌
作者 大伴駿河麻呂
題詞 (大伴宿祢駿河麻呂歌三首)
原文 不念乎 思常云者 天地之 神祇毛知寒 邑礼左變
訓読 思はぬを思ふと言はば天地の神も知らさむ邑礼左変
かな おもはぬを おもふといはば あめつちの かみもしらさむ ****
英語(ローマ字) OMOHANUWO OMOFUTOIHABA AMETSUCHINO KAMIMOSHIRASAMU ****
思ってもいないのに思っていると言っても、天地の神様は(その偽りを)お知りになっていらっしゃる。私は村社にさえ誓いの一札を入れました。
左注
校異
用語 相聞、作者:大伴駿河麻呂、難訓、恋愛
タイトルとURLをコピーしました