万葉集 第4巻 592番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻592番歌はこちらにまとめました。

第4巻 592番歌

第4巻
歌番号 592番歌
作者 笠郎女(笠女郎)
題詞 (笠女郎贈大伴宿祢家持歌廿四首)
原文 闇夜尓 鳴奈流鶴之 外耳 聞乍可将有 相跡羽奈之尓
訓読 闇の夜に鳴くなる鶴の外のみに聞きつつかあらむ逢ふとはなしに
かな やみのよに なくなるたづの よそのみに ききつつかあらむ あふとはなしに
英語(ローマ字) YAMINOYONI NAKUNARUTADUNO YOSONOMINI KIKITSUTSUKAARAMU AFUTOHANASHINI
鳴き声だけで姿の見えぬ闇夜の鶴のように、まるでよそ事の世界のこととして月日が過ぎていきます。お逢いすることもなく。
左注
校異
用語 相聞、作者:笠女郎、大伴家持、恨み、贈答、動物、序詞
タイトルとURLをコピーしました