万葉集 第4巻 658番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻658番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 658番歌

第4巻
歌番号 658番歌
作者 坂上郎女
題詞 (大伴坂上郎女歌六首)
原文 雖念 知僧裳無跡 知物乎 奈何幾許 吾戀渡
訓読 思へども験もなしと知るものを何かここだく我が恋ひわたる
かな おもへども しるしもなしと しるものを なにかここだく あがこひわたる
英語(ローマ字) OMOHEDOMO SHIRUSHIMONASHITO SHIRUMONOWO NANIKAKOKODAKU AGAKOHIWATARU
思っても甲斐がないと分かってはいますが、どうしてもしきりに恋焦がれてしまいます。
左注
校異
用語 相聞、作者:坂上郎女、恋情
タイトルとURLをコピーしました