万葉集 第4巻 659番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻659番歌はこちらにまとめました。

第4巻 659番歌

第4巻
歌番号 659番歌
作者 坂上郎女
題詞 (大伴坂上郎女歌六首)
原文 豫 人事繁 如是有者 四恵也吾背子 奥裳何如荒海藻
訓読 あらかじめ人言繁しかくしあらばしゑや我が背子奥もいかにあらめ
かな あらかじめ ひとごとしげし かくしあらば しゑやわがせこ おくもいかにあらめ
英語(ローマ字) ARAKAJIME HITOGOTOSHIGESHI KAKUSHIARABA SHIゑYAWAGASEKO OKUMOIKANIARAME
今のうちからこんなに人の口がうるさいのでは、あなた、私たちの行く先はどうなるんでしょうね。全く。
左注
校異
用語 相聞、作者:坂上郎女、うわさ
タイトルとURLをコピーしました