万葉集 第4巻 572番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻572番歌はこちらにまとめました。

第4巻 572番歌

第4巻
歌番号 572番歌
作者 沙弥満誓
題詞 <大>宰帥大伴卿上京之後沙弥満誓贈卿歌二首
原文 真十鏡 見不飽君尓 所贈哉 旦夕尓 左備乍将居
訓読 まそ鏡見飽かぬ君に後れてや朝夕にさびつつ居らむ
かな まそかがみ みあかぬきみに おくれてや あしたゆふへに さびつつをらむ
英語(ローマ字) MASOKAGAMI MIAKANUKIMINI OKURETEYA ASHITAYUFUHENI SABITSUTSUWORAMU
いくら見ても見飽きない君に取り残され、朝も夕もさびしくなりました。
左注
校異 太 大 [桂][元][類] / 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 相聞、作者:沙弥満誓、大伴旅人、恋情、送別、枕詞、福岡、地名
タイトルとURLをコピーしました