万葉集 第4巻 632番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻632番歌はこちらにまとめました。

第4巻 632番歌

第4巻
歌番号 632番歌
作者 湯原王
題詞 (湯原王贈娘子歌二首 [志貴皇子之子也])
原文 目二破見而 手二破不所取 月内之 楓如 妹乎奈何責
訓読 目には見て手には取らえぬ月の内の楓のごとき妹をいかにせむ
かな めにはみて てにはとらえぬ つきのうちの かつらのごとき いもをいかにせむ
英語(ローマ字) MENIHAMITE TENIHATORAENU TSUKINOUCHINO KATSURANOGOTOKI IMOWOIKANISEMU
目には見えるけれど手には捉えられない、月の桂(かつら)のような彼女。どうしたら捉えられるだろう。
左注
校異
用語 相聞、作者:湯原王、娘子、贈答、植物、恋情
タイトルとURLをコピーしました