万葉集 第4巻 726番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻726番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 726番歌

第4巻
歌番号 726番歌
作者 坂上郎女
題詞 (獻天皇歌二首 [大伴坂上郎女在春日里作也])
原文 外居而 戀乍不有者 君之家乃 池尓住云 鴨二有益雄
訓読 外に居て恋ひつつあらずは君が家の池に住むといふ鴨にあらましを
かな よそにゐて こひつつあらずは きみがいへの いけにすむといふ かもにあらましを
英語(ローマ字) YOSONIゐTE KOHITSUTSUARAZUHA KIMIGAIHENO IKENISUMUTOIFU KAMONIARAMASHIWO
よそに離れ住んでいて、恋い焦がれていないで、いっそあなた様の居宅の池に住むという鴨になりたい。
左注
校異
用語 相聞、作者:坂上郎女、聖武天皇、動物、恋情、奈良
タイトルとURLをコピーしました