万葉集 第4巻 546番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻546番歌はこちらにまとめました。

第4巻 546番歌

第4巻
歌番号 546番歌
作者 笠金村
題詞 二年乙丑春三月幸三香原離宮之時得娘子<作歌>一首[并短歌] <笠朝臣金村>
原文 三香<乃>原 客之屋取尓 珠桙乃 道能去相尓 天雲之 外耳見管 言将問 縁乃無者 情耳 咽乍有尓 天地 神祇辞因而 敷細乃 衣手易而 自妻跡 憑有今夜 秋夜之 百夜乃長 有与宿鴨
訓読 三香の原 旅の宿りに 玉桙の 道の行き逢ひに 天雲の 外のみ見つつ 言問はむ よしのなければ 心のみ 咽せつつあるに 天地の 神言寄せて 敷栲の 衣手交へて 己妻と 頼める今夜 秋の夜の 百夜の長さ ありこせぬかも
かな みかのはら たびのやどりに たまほこの みちのゆきあひに あまくもの よそのみみつつ こととはむ よしのなければ こころのみ むせつつあるに あめつちの かみことよせて しきたへの ころもでかへて おのづまと たのめるこよひ あきのよの ももよのながさ ありこせぬかも
英語(ローマ字) MIKANOHARA TABINOYADORINI TAMAHOKONO MICHINOYUKIAHINI AMAKUMONO YOSONOMIMITSUTSU KOTOTOHAMU YOSHINONAKEREBA KOKORONOMI MUSETSUTSUARUNI AMETSUCHINO KAMIKOTOYOSETE SHIKITAHENO KOROMODEKAHETE ONODUMATO TANOMERUKOYOHI AKINOYONO MOMOYONONAGASA ARIKOSENUKAMO
三香の原、旅寝にあって、行きずりに出逢った乙女、天雲のようによそ目に見ているばかり。声をかけようと思うが、その理由もないので心で愛しく思うばかり。こんな時、天地の神様が仲を取り持って下さって共寝をする手はずになった。私の妻となってくれると思う今宵、この秋の夜が百倍もの長さであってくれないものか。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 笠朝臣金村作歌 作歌 [桂][元][紀] / <> 笠朝臣金村 [桂][元][紀] / 之 乃 [桂][元]
用語 相聞、作者:笠金村、行幸、久邇京、京都、地名、枕詞、神亀2年3月、年紀
タイトルとURLをコピーしました