万葉集 第4巻 638番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻638番歌はこちらにまとめました。

第4巻 638番歌

第4巻
歌番号 638番歌
作者 湯原王
題詞 湯原王亦贈歌一首
原文 直一夜 隔之可良尓 荒玉乃 月歟經去跡 心遮
訓読 ただ一夜隔てしからにあらたまの月か経ぬると心惑ひぬ
かな ただひとよ へだてしからに あらたまの つきかへぬると こころまどひぬ
英語(ローマ字) TADAHITOYO HEDATESHIKARANI ARATAMANO TSUKIKAHENURUTO KOKOROMADOHINU
たった一夜はねつけられただけなのに、いつの間にか月が代わってしまって心が乱れています。
左注
校異 歌 [西] 謌
用語 相聞、作者:湯原王、娘子、恋情、枕詞、贈答
タイトルとURLをコピーしました