万葉集 第5巻 793番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第5巻793番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第5巻 793番歌

第5巻
歌番号793番歌
作者作者不詳
題詞<大>宰帥大伴卿報凶問歌一首 / 禍故重疊 凶問累集 永懐崩心之悲 獨流断腸之泣 但依兩君大助傾命纔継耳 [筆不盡言 古今所歎]
原文余能奈可波 牟奈之伎母乃等 志流等伎子 伊与余麻須万須 加奈之可利家理
訓読世間は空しきものと知る時しいよよますます悲しかりけり
かなよのなかは むなしきものと しるときし いよよますます かなしかりけり
英語(ローマ字)YONONAKAHA MUNASHIKIMONOTO SHIRUTOKISHI IYOYOMASUMASU KANASHIKARIKERI
世の中は空しいものと知って、いよいよますます悲しい。
左注神龜五年六月二十三日
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 太 大 [紀][細] / 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語作者:大伴旅人、哀悼、無常、仏教、太宰府、福岡、地名、神亀5年6月23日、年紀
タイトルとURLをコピーしました