万葉集 第4巻 511番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻511番歌はこちらにまとめました。

第4巻 511番歌

第4巻
歌番号 511番歌
作者 當麻麻呂妻
題詞 幸伊勢國時當麻麻呂大夫妻作歌一首
原文 吾背子者 何處将行 己津物 隠之山乎 今日歟超良<武>
訓読 我が背子はいづく行くらむ沖つ藻の名張の山を今日か越ゆらむ
かな わがせこは いづくゆくらむ おきつもの なばりのやまを けふかこゆらむ
英語(ローマ字) WAGASEKOHA IDUKUYUKURAMU OKITSUMONO NABARINOYAMAWO KEFUKAKOYURAMU
私の夫はどのあたりを旅しているのだろう。今日あたり名張の山を越えているだろうか。
左注
校異 歌 [西] 謌 / 哉 武 [西(訂正)][元][金][類]
用語 相聞、作者:當麻麻呂妻、行幸、伊勢、留守、重出、枕詞、地名
タイトルとURLをコピーしました