万葉集 第4巻 510番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻510番歌はこちらにまとめました。

第4巻 510番歌

第4巻
歌番号 510番歌
作者 丹比笠麻呂
題詞 (丹比真人笠麻呂下筑紫國時作歌一首[并短歌])反歌
原文 白<細>乃 袖解更而 還来武 月日乎數而 徃而来猿尾
訓読 白栲の袖解き交へて帰り来む月日を数みて行きて来ましを
かな しろたへの そでときかへて かへりこむ つきひをよみて ゆきてこましを
英語(ローマ字) SHIROTAHENO SODETOKIKAHETE KAHERIKOMU TSUKIHIWOYOMITE YUKITEKOMASHIWO
紐を解きあって一夜を共にしたとき、いつごろ帰って来られるのかその月日を数えて告げ、行ってきます、と言えばよかった。
左注
校異 歌 [西] 謌 / 妙 細 [元][紀][類][古]
用語 相聞、作者:丹比笠麻呂、羈旅、別離、枕詞
タイトルとURLをコピーしました