万葉集 第1巻 75番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第1巻75番歌はこちらにまとめました。

第1巻 75番歌

第1巻
歌番号 75番歌
作者 長屋王
題詞 (大行天皇幸于吉野宮時歌)
原文 宇治間山 朝風寒之 旅尓師手 衣應借 妹毛有勿久尓
訓読 宇治間山朝風寒し旅にして衣貸すべき妹もあらなくに
かな うぢまやま あさかぜさむし たびにして ころもかすべき いももあらなくに
英語(ローマ字) UDIMAYAMA ASAKAZESAMUSHI TABINISHITE KOROMOKASUBEKI IMOMOARANAKUNI
宇治間山、朝風が寒く厳しい。旅の途上にあって着物を貸してくれる女性もいないというのに。
左注 右一首長屋王
校異
用語 雑歌、作者:長屋王、吉野、行幸、妹、地名
タイトルとURLをコピーしました