万葉集 第1巻 40番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第1巻40番歌はこちらにまとめました。

第1巻 40番歌

第1巻
歌番号 40番歌
作者 柿本人麻呂
題詞 幸于伊勢國時留京柿本朝臣人麻呂作歌
原文 鳴呼見乃浦尓 船乗為良武 D嬬等之 珠裳乃須十二 四寳三都良武香
訓読 嗚呼見の浦に舟乗りすらむをとめらが玉裳の裾に潮満つらむか
かな あみのうらに ふなのりすらむ をとめらが たまものすそに しほみつらむか
英語(ローマ字) AMINOURANI FUNANORISURAMU WOTOMERAGA TAMAMONOSUSONI SHIHOMITSURAMUKA
あみの浦に舟乗りしているおとめ(女官)たちの玉裳の裾に海水が浸かって美しい。潮が満ちてきたのだろうか。
左注 (右日本紀曰 朱鳥六年壬辰春三月丙寅朔戊辰浄<廣>肆廣瀬王等為留守官 於是中納言三輪朝臣高市麻呂脱其冠位E上於朝重諌曰 農作之前車駕未可以動 辛未天皇不従諌 遂幸伊勢 五月乙丑朔庚午御阿胡行宮)
校異
用語 雑歌、作者:柿本人麻呂、留京、留守、伊勢行幸、地名

解説

題詞は「天皇が伊勢國に幸(いで)まされた時、柿本朝臣人麻呂が京に留まって作った歌」とある。天皇は四十一代持統天皇。

「嗚呼見の浦」は「あみのうら」と読まれているが、具体的にはどこの浦のことか諸説があってはっきりしないが、伊勢湾のどこかの浦であろう。「玉裳」の玉は美称。

タイトルとURLをコピーしました