万葉集 第1巻 53番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第1巻53番歌はこちらにまとめました。

第1巻 53番歌

第1巻
歌番号 53番歌
作者 作者不詳
題詞 (藤原宮御井歌)短歌
原文 藤原之 大宮都加倍 安礼衝哉 處女之友者 <乏>吉<呂>賀聞
訓読 藤原の大宮仕へ生れ付くや娘子がともは羨しきろかも
かな ふぢはらの おほみやつかへ あれつくや をとめがともは ともしきろかも
英語(ローマ字) FUDIHARANO OHOMIYATSUKAHE ARETSUKUYA WOTOMEGATOMOHA TOMOSHIKIROKAMO
藤原の大宮に仕えるよう生まれついた乙女たち。ああ羨ましいなあ。
左注 右歌作者未詳
校異 之 乏 [玉の小琴] / 召 呂 [元][類][紀]
用語 雑歌、藤原、宮廷讃美、御井、地名、奈良
タイトルとURLをコピーしました