万葉集 第1巻 26番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第1巻26番歌はこちらにまとめました。

第1巻 26番歌

第1巻
歌番号 26番歌
作者 天武天皇(大海人)
題詞 (天皇御製歌)或本歌
原文 三芳野之 耳我山尓 時自久曽 雪者落等言 無間曽 雨者落等言 其雪 不時如 其雨 無間如 隈毛不堕 思乍叙来 其山道乎
訓読 み吉野の 耳我の山に 時じくぞ 雪は降るといふ 間なくぞ 雨は降るといふ その雪の 時じきがごと その雨の 間なきがごと 隈もおちず 思ひつつぞ来る その山道を
かな みよしのの みみがのやまに ときじくぞ ゆきはふるといふ まなくぞ あめはふるといふ そのゆきの ときじきがごと そのあめの まなきがごと くまもおちず おもひつつぞくる そのやまみちを
英語(ローマ字) MIYOSHINONO MIMIGANOYAMANI TOKIJIKUZO YUKIHAFURUTOIFU MANAKUZO AMEHAFURUTOIFU SONOYUKINO TOKIJIKIGAGOTO SONOAMENO MANAKIGAGOTO KUMAMOOCHIZU OMOHITSUTSUZOKURU SONOYAMAMICHIWO
み吉野の耳我の山に時しれず雪が降るという、絶え間なく雨が降るという。その雪の時知れないように、 その雨の絶え間がないように、曲がり角という曲がり角に不安に襲われながらやってきたよ、この山道を。
左注 右句々相換因此重載焉
校異
用語 雑歌、作者:大海人:天武、異伝、吉野、民謡、13/3260、13/3293、地名
タイトルとURLをコピーしました