万葉集 第1巻 25番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第1巻25番歌はこちらにまとめました。

第1巻 25番歌

第1巻
歌番号 25番歌
作者 天武天皇(大海人)
題詞 天皇御製歌
原文 三吉野之 耳我嶺尓 時無曽 雪者落家留 間無曽 雨者零計類 其雪乃 時無如 其雨乃 間無如 隈毛不落 <念>乍叙来 其山道乎
訓読 み吉野の 耳我の嶺に 時なくぞ 雪は降りける 間無くぞ 雨は振りける その雪の 時なきがごと その雨の 間なきがごと 隈もおちず 思ひつつぞ来し その山道を
かな みよしのの みみがのみねに ときなくぞ ゆきはふりける まなくぞ あめはふりける そのゆきの ときなきがごと そのあめの まなきがごと くまもおちず おもひつつぞこし そのやまみちを
英語(ローマ字) MIYOSHINONO MIMIGANOMINENI TOKINAKUZO YUKIHAFURIKERU MANAKUZO AMEHAFURIKERU SONOYUKINO TOKINAKIGAGOTO SONOAMENO MANAKIGAGOTO KUMAMOOCHIZU OMOHITSUTSUZOKOSHI SONOYAMAMICHIWO
み吉野の耳我の嶺に時しれず雪が降る、絶え間なく雨が降る。その雪の時知れないように、 その雨の絶え間がないように、曲がり角という曲がり角に不安に襲われながらやってきたよ、この山道を。 
左注
校異 思 念 [元][類][紀][古]
用語 雑歌、作者:大海人:天武、異伝、吉野、民謡、地名
タイトルとURLをコピーしました