万葉集 第1巻 67番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第1巻67番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第1巻 67番歌

第1巻
歌番号67番歌
作者高安大嶋
題詞(太上天皇幸于難波宮時歌)
原文旅尓之而 物戀<之伎><尓 鶴之>鳴毛 不所聞有世者 孤悲而死萬思
訓読旅にしてもの恋ほしきに鶴が音も聞こえずありせば恋ひて死なまし
かなたびにして ものこほしきに たづがねも きこえずありせば こひてしなまし
英語(ローマ字)TABINISHITE MONOKOHOSHIKINI TADUGANEMO KIKOEZUARISEBA KOHITESHINAMASHI
旅空にあってただでさえもの恋しいのに、鶴の鳴き声さえ聞こえなかったら、故郷の家恋しさに死んでしまいたい。
左注右一首高安大嶋
校異<> 之伎<乃> [西(左右書)] / 乃 尓鶴之 [全註釈][注釈] /鳴(事)[西(左書)] 鳴 [元][類][紀]
用語雑歌、作者:高安大嶋、難波、行幸、従駕、大阪、持統、望郷、羈旅、地名、動物
タイトルとURLをコピーしました