万葉集 第1巻 34番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第1巻34番歌はこちらにまとめました。

第1巻 34番歌

第1巻
歌番号 34番歌
作者 川島皇子
題詞 幸于紀伊國時川嶋皇子御作歌 [或云山上臣憶良作]
原文 白浪乃 濱松之枝乃 手向草 幾代左右二賀 年乃經去良武 [一云 年者經尓計武]
訓読 白波の浜松が枝の手向けぐさ幾代までにか年の経ぬらむ [一云 年は経にけむ]
かな しらなみの はままつがえの たむけくさ いくよまでにか としのへぬらむ [としはへにけむ]
英語(ローマ字) SHIRANAMINO HAMAMATSUGAENO TAMUKEKUSA IKUYOMADENIKA TOSHINOHENURAMU [TOSHIHAHENIKEMU]
白波が打ち寄せる浜辺の松の枝に架かっている、手向けの品々、いかほど長年月経てきたのだろう。
左注 日本紀曰朱鳥四年庚寅秋九月天皇幸紀伊國也
校異 曰 [冷][紀][細] 云
用語 雑歌、作者:川島皇子、山上憶良、代作、紀州、和歌山、行幸、植物、地名
タイトルとURLをコピーしました