万葉集 第1巻 1番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第1巻1番歌はこちらにまとめました。

第1巻 1番歌

第1巻
歌番号 1番歌
作者 雄略天皇
題詞 泊瀬朝倉宮御宇天皇代 [<大>泊瀬稚武天皇] / 天皇御製歌
原文 篭毛與 美篭母乳 布久思毛與 美夫君志持 此岳尓 菜採須兒 家吉閑名 告<紗>根 虚見津 山跡乃國者 押奈戸手 吾許曽居 師<吉>名倍手 吾己曽座 我<許>背齒 告目 家呼毛名雄母
訓読 篭もよ み篭持ち 堀串もよ み堀串持ち この岡に 菜摘ます子 家聞かな 告らさね そらみつ 大和の国は おしなべて 我れこそ居れ しきなべて 我れこそ座せ 我れこそば 告らめ 家をも名をも
かな こもよ みこもち ふくしもよ みぶくしもち このをかに なつますこ いへきかな のらさね そらみつ やまとのくには おしなべて われこそをれ しきなべて われこそませ われこそば のらめ いへをもなをも
英語(ローマ字) KOMOYO MIKOMOCHI FUKUSHIMOYO MIBUKUSHIMOCHI KONOWOKANI NATSUMASUKO IHEKIKANA NORASANE SORAMITSU YAMATONOKUNIHA OSHINABETE WAREKOSOWORE SHIKINABETE WAREKOSOMASE WAREKOSOBA NORAME IHEWOMONAWOMO
篭持つ、美しい篭を持つ娘さんよ。堀串(ふくし)もね、美しい堀串を持ち、この岡で菜摘みをしている娘さんよ。どこの家の子か聞きたい。教えてくれないか。この大和の国は私こそおしなべて統べ、支配の中心に座っている者だ。だから聞かせてくれないか。娘さんの家も名前も。
左注
校異 雑歌 [元][紀] <> / 太 大 [紀][冷][文] / 吉 [玉小琴](塙)(楓) 告 /沙 紗 [元][類][冷] / 告 吉 [玉小琴] / 許者 許 [元][類][古]
用語 雑歌、作者:雄略天皇、朝倉宮、野遊び、演劇、妻問い、予祝、枕詞、地名、奈良
タイトルとURLをコピーしました