万葉集 第1巻 70番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第1巻70番歌はこちらにまとめました。

第1巻 70番歌

第1巻
歌番号 70番歌
作者 高市黒人
題詞 太上天皇幸于吉野宮時高市連黒人作歌
原文 倭尓者 鳴而歟来良武 呼兒鳥 象乃中山 呼曽越奈流
訓読 大和には鳴きてか来らむ呼子鳥象の中山呼びぞ越ゆなる
かな やまとには なきてかくらむ よぶこどり きさのなかやま よびぞこゆなる
英語(ローマ字) YAMATONIHA NAKITEKAKURAMU YOBUKODORI KISANONAKAYAMA YOBIZOKOYUNARU
呼子鳥よ。大和には鳴きながら到着しているだろうか。家で待つ妻の名を呼びながら。象(きさ)の中山を鳴きながらこえていったけれど。
左注
校異
用語 雑歌、作者:高市黒人、吉野、持統、行幸、大阪、従駕、望郷、地名、動物
タイトルとURLをコピーしました