万葉集 第1巻 23番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第1巻23番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第1巻 23番歌

第1巻
歌番号 23番歌
作者 作者不詳(時人)
題詞 麻續王流於伊勢國伊良虞嶋之時人哀傷作歌
原文 打麻乎 麻續王 白水郎有哉 射等篭荷四間乃 珠藻苅麻須
訓読 打ち麻を麻続の王海人なれや伊良虞の島の玉藻刈ります
かな うちそを をみのおほきみ あまなれや いらごのしまの たまもかります
英語(ローマ字) UCHISOWO WOMINOOHOKIMI AMANAREYA IRAGONOSHIMANO TAMAMOKARIMASU
麻を打つ麻の王様は、地元の海人さんなんだろうか。伊良湖の島に自ら出かけて玉藻を刈り取っていらっしゃる。ああ。
左注 (右案日本紀曰 天皇四年乙亥夏四月戊戌朔乙卯三位麻續王有罪流于因幡 一子流伊豆嶋 一子流血鹿嶋也 是云配于伊勢國伊良虞嶋者 若疑後人縁歌辞而誤記乎)
校異
用語 雑歌、作者:時人、麻続王、愛知、伝承、枕詞、地名、植物
タイトルとURLをコピーしました