万葉集 第1巻 80番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第1巻80番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第1巻 80番歌

第1巻
歌番号80番歌
作者作者不詳
題詞(或本従藤原<京>遷于寧樂宮時歌)反歌
原文青丹吉 寧樂乃家尓者 万代尓 吾母将通 忘跡念勿
訓読あをによし奈良の家には万代に我れも通はむ忘ると思ふな
かなあをによし ならのいへには よろづよに われもかよはむ わするとおもふな
英語(ローマ字)AWONIYOSHI NARANOIHENIHA YORODUYONI WAREMOKAYOHAMU WASURUTOOMOFUNA
あをによし、奈良の家にはいついつまでも万代に、私も通って参ります。決して新居を忘れてしまうだろうと思し召すな。
左注右歌<作>主未詳
校異<> 作 [西(右書)][冷][紀][文]
用語雑歌、遷都、藤原、奈良、枕詞、地名
タイトルとURLをコピーしました