万葉集 第1巻 29番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第1巻29番歌はこちらにまとめました。

第1巻 29番歌

第1巻
歌番号 29番歌
作者 柿本人麻呂
題詞 過近江荒都時柿本朝臣人麻呂作歌
原文 玉手次 畝火之山乃 橿原乃 日知之御世従 [或云 自宮] 阿礼座師 神之<盡> 樛木乃 弥継嗣尓 天下 所知食之乎 [或云 食来] 天尓満 倭乎置而 青丹吉 平山乎超 [或云 虚見 倭乎置 青丹吉 平山越而] 何方 御念食可 [或云 所念計米可] 天離 夷者雖有 石走 淡海國乃 樂浪乃 大津宮尓 天下 所知食兼 天皇之 神之御言能 大宮者 此間等雖聞 大殿者 此間等雖云 春草之 茂生有 霞立 春日之霧流 [或云 霞立 春日香霧流 夏草香 繁成奴留] 百礒城之 大宮處 見者悲<毛> [或云 見者左夫思毛]
訓読 玉たすき 畝傍の山の 橿原の ひじりの御代ゆ [或云 宮ゆ] 生れましし 神のことごと 栂の木の いや継ぎ継ぎに 天の下 知らしめししを [或云 めしける] そらにみつ 大和を置きて あをによし 奈良山を越え [或云 そらみつ 大和を置き あをによし 奈良山越えて] いかさまに 思ほしめせか [或云 思ほしけめか] 天離る 鄙にはあれど 石走る 近江の国の 楽浪の 大津の宮に 天の下 知らしめしけむ 天皇の 神の命の 大宮は ここと聞けども 大殿は ここと言へども 春草の 茂く生ひたる 霞立つ 春日の霧れる [或云 霞立つ 春日か霧れる 夏草か 茂くなりぬる] ももしきの 大宮ところ 見れば悲しも [或云 見れば寂しも]
かな たまたすき うねびのやまの かしはらの ひじりのみよゆ [みやゆ] あれましし かみのことごと つがのきの いやつぎつぎに あめのした しらしめししを [めしける] そらにみつ やまとをおきて あをによし ならやまをこえ [そらみつ やまとをおき あをによし ならやまこえて] いかさまに おもほしめせか [おもほしけめか] あまざかる ひなにはあれど いはばしる あふみのくにの ささなみの おほつのみやに あめのした しらしめしけむ すめろきの かみのみことの おほみやは ここときけども おほとのは ここといへども はるくさの しげくおひたる かすみたつ はるひのきれる [かすみたつ はるひかきれる なつくさか しげくなりぬる] ももしきの おほみやところ みればかなしも [みればさぶしも]
英語(ローマ字) TAMATASUKI UNEBINOYAMANO KASHIHARANO HIJIRINOMIYOYU [MIYAYU] AREMASHISHI KAMINOKOTOGOTO TSUGANOKINO IYATSUGITSUGINI AMENOSHITA SHIRASHIMESHISHIWO [MESHIKERU] SORANIMITSU YAMATOWOOKITE AWONIYOSHI NARAYAMAWOKOE [SORAMITSU YAMATOWOOKI AWONIYOSHI NARAYAMAKOETE] IKASAMANI OMOHOSHIMESEKA [OMOHOSHIKEMEKA] AMAZAKARU HINANIHAAREDO IHABASHIRU AFUMINOKUNINO SASANAMINO OHOTSUNOMIYANI AMENOSHITA SHIRASHIMESHIKEMU SUMEROKINO KAMINOMIKOTONO OHOMIYAHA KOKOTOKIKEDOMO OHOTONOHA KOKOTOIHEDOMO HARUKUSANO SHIGEKUOHITARU KASUMITATSU HARUHINOKIRERU [KASUMITATSU HARUHIKAKIRERU NATSUKUSAKA SHIGEKUNARINURU] MOMOSHIKINO OHOMIYATOKORO MIREBAKANASHIMO [MIREBASABUSHIMO]
畝傍の山のある橿原(かしはら)で即位された神武天皇の御代から神としてお生まれになり、栂(つが)の木ではないが、次々と天下を治められたのに、その大和の地を置いて、奈良山を越えたのはいかに思われてのことでしょう。遠く離れた田舎である近江の国は琵琶湖西南岸の大津の宮に天下をお治めになった。その神の命(みこと)がいらっしゃった大宮(みやこ)はここにあったと聞いている。大殿はここだと言われているが、そこには春草が生い茂っている。霞がたなびく春の日が霧にけむっているのだろうか。草茂るここが官人たちがいた大宮どころかと、見るのは悲しい。
左注
校異 書 盡 [元][類][冷] / 母 毛 [元][類][冷]
用語 雑歌、作者:柿本人麻呂、荒都歌、大津、鎮魂、地名、枕詞、地名、滋賀
タイトルとURLをコピーしました