万葉集 第1巻 16番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第1巻16番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第1巻 16番歌

第1巻
歌番号16番歌
作者額田王
題詞近江大津宮御宇天皇代 [天命開別天皇謚曰天智天皇] / 天皇詔内大臣藤原朝臣競憐春山萬花之艶秋山千葉之彩時額田王以歌判之歌
原文冬木成 春去来者 不喧有之 鳥毛来鳴奴 不開有之 花毛佐家礼抒 山乎茂 入而毛不取 草深 執手母不見 秋山乃 木葉乎見而者 黄葉乎婆 取而曽思努布 青乎者 置而曽歎久 曽許之恨之 秋山吾者
訓読冬こもり 春さり来れば 鳴かずありし 鳥も来鳴きぬ 咲かずありし 花も咲けれど 山を茂み 入りても取らず 草深み 取りても見ず 秋山の 木の葉を見ては 黄葉をば 取りてぞ偲ふ 青きをば 置きてぞ嘆く そこし恨めし 秋山吾は
かなふゆこもり はるさりくれば なかずありし とりもきなきぬ さかずありし はなもさけれど やまをしみ いりてもとらず くさふかみ とりてもみず あきやまの このはをみては もみちをば とりてぞしのふ あをきをば おきてぞなげく そこしうらめし あきやまわれは
英語(ローマ字)FUYUKOMORI HARUSARIKUREBA NAKAZUARISHI TORIMOKINAKINU SAKAZUARISHI HANAMOSAKEREDO YAMAWOSHIMI IRITEMOTORAZU KUSAFUKAMI TORITEMOMIZU AKIYAMANO KONOHAWOMITEHA MOMICHIWOBA TORITEZOSHINOFU AWOKIWOBA OKITEZONAGEKU SOKOSHIURAMESHI AKIYAMAWAREHA
冬が去り、春がやってくれば、鳴かずにいた鳥もやって来て鳴く。咲かずにいた花も咲きます。ですが、山が繁り、分け入っていくことが出来ず、草が深いので折り取って観賞することもできません。秋山は木の葉を観賞し、黄葉を手折って観賞することも出来ます。青葉が残り少なくて残念ですが、でも、私は秋山がいいですね。
左注
校異
用語雑歌、作者:額田王、近江朝、大津、春秋優劣、植物、枕詞、宮廷
タイトルとURLをコピーしました