万葉集 第1巻 84番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第1巻84番歌はこちらにまとめました。

第1巻 84番歌

第1巻
歌番号 84番歌
作者 長皇子
題詞 寧樂宮 / 長皇子與志貴皇子於佐紀宮倶宴歌
原文 秋去者 今毛見如 妻戀尓 鹿将鳴山曽 高野原之宇倍
訓読 秋さらば今も見るごと妻恋ひに鹿鳴かむ山ぞ高野原の上
かな あきさらば いまもみるごと つまごひに かなかむやまぞ たかのはらのうへ
英語(ローマ字) AKISARABA IMAMOMIRUGOTO TSUMAGOHINI KANAKAMUYAMAZO TAKANOHARANOUHE
秋になると、この絵に描かれているように、牡鹿が妻恋しさに鳴くだろう。あの山、あの高野原の上の山では。
左注 右一首長皇子
校異
用語 雑歌、作者:長皇子、志貴皇子、宴席、屏風歌、奈良、動物、地名
タイトルとURLをコピーしました