万葉集 第2巻 85番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻85番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第2巻 85番歌

第2巻
歌番号85番歌
作者磐姫皇后
題詞難波高津宮御宇天皇代 [大鷦鷯天皇 謚曰仁徳天皇] / 磐姫皇后思天皇御作歌四首
原文君之行 氣長成奴 山多都祢 迎加将行 <待尓>可将待
訓読君が行き日長くなりぬ山尋ね迎へか行かむ待ちにか待たむ
かなきみがゆき けながくなりぬ やまたづね むかへかゆかむ まちにかまたむ
英語(ローマ字)KIMIGAYUKI KENAGAKUNARINU YAMATADUNE MUKAHEKAYUKAMU MACHINIKAMATAMU
あなたが旅立たれてから随分日が経ちました。山を訪ねてお迎えに行こうかしら、それともここでお待ちしましょうか。
左注右一首歌山上憶良臣類聚歌林載焉
校異尓待 待尓 [西(訂正)][紀][金][温]
用語相聞、仁徳天皇、作者:磐姫皇后、律令、情詩、閨房詩、大阪、伝承、仮託、恋情、女歌
タイトルとURLをコピーしました