万葉集 第2巻 116番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻116番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第2巻 116番歌

第2巻
歌番号116番歌
作者但馬皇女
題詞但馬皇女在高市皇子宮時竊接穂積皇子事既形而御作<歌>一首
原文人事乎 繁美許知痛美 己世尓 未渡 朝川渡
訓読人言を繁み言痛みおのが世にいまだ渡らぬ朝川渡る
かなひとごとを しげみこちたみ おのがよに いまだわたらぬ あさかはわたる
英語(ローマ字)HITOGOTOWO SHIGEMIKOCHITAMI ONOGAYONI IMADAWATARANU ASAKAHAWATARU
世間の口が激しく、怖いので、生まれてこのかた渡ったことがなかったのですが(世間に知れたからには)、朝この川を渡ります。(あなたに逢いに)
左注
校異
用語相聞、作者:但馬皇女、穂積皇子、恋愛、密通、歌語り、川渡り、うわさ、人言
タイトルとURLをコピーしました