万葉集 第2巻 165番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻165番歌はこちらにまとめました。

第2巻 165番歌

第2巻
歌番号 165番歌
作者 大伯皇女
題詞 移葬大津皇子屍於葛城二上山之時大来皇女哀傷御作歌二首
原文 宇都曽見乃 人尓有吾哉 従明日者 二上山乎 弟世登吾将見
訓読 うつそみの人にある我れや明日よりは二上山を弟背と我が見む
かな うつそみの ひとにあるわれや あすよりは ふたかみやまを いろせとわがみむ
英語(ローマ字) UTSUSOMINO HITONIARUWAREYA ASUYORIHA FUTAKAMIYAMAWO IROSETOWAGAMIMU
この世の人である私。明日からは二上山を私の弟と思って見ることになります。
左注
校異
用語 挽歌、作者:大伯皇女、大津皇子、歌語り、哀悼、二上山、飛鳥、地名、枕詞
タイトルとURLをコピーしました