万葉集 第2巻 114番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻114番歌はこちらにまとめました。

第2巻 114番歌

第2巻
歌番号114番歌
作者但馬皇女
題詞但馬皇女在高市皇子宮時思穂積皇子御作歌一首
原文秋田之 穂向乃所縁 異所縁 君尓因奈名 事痛有登母
訓読秋の田の穂向きの寄れる片寄りに君に寄りなな言痛くありとも
かなあきのたの ほむきのよれる かたよりに きみによりなな こちたくありとも
英語(ローマ字)AKINOTANO HOMUKINOYORERU KATAYORINI KIMINIYORINANA KOCHITAKUARITOMO
秋の田の風になびいていっせいに穂先が同じ方向に向くように私もあなたになびきたい、たとえ世間の口がうるさくても。
左注
校異
用語相聞、作者:但馬皇女、穂積皇子、恋愛、歌語り、高市皇子、植物
タイトルとURLをコピーしました