万葉集 第2巻 92番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻92番歌はこちらにまとめました。

第2巻 92番歌

第2巻
歌番号 92番歌
作者 鏡王女
題詞 鏡王女奉和御歌一首
原文 秋山之 樹下隠 逝水乃 吾許曽益目 御念従者
訓読 秋山の木の下隠り行く水の我れこそ益さめ御思ひよりは
かな あきやまの このしたがくり ゆくみづの われこそまさめ みおもひよりは
英語(ローマ字) AKIYAMANO KONOSHITAGAKURI YUKUMIDUNO WAREKOSOMASAME MIOMOHIYORIHA
秋の山の木々に隠れて流れ下る水のように、私の方こそ思いはまさる一方です。あなたが思ってくださる以上に。
左注
校異
用語 相聞、作者:鏡王女、和、天智、贈答、歌垣、奈良、女歌
タイトルとURLをコピーしました