万葉集 第2巻 93番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻93番歌はこちらにまとめました。

第2巻 93番歌

第2巻
歌番号 93番歌
作者 鏡王女
題詞 内大臣藤原卿娉鏡王女時鏡王女贈内大臣歌一首
原文 玉匣 覆乎安美 開而行者 君名者雖有 吾名之惜<裳>
訓読 玉櫛笥覆ふを安み明けていなば君が名はあれど吾が名し惜しも
かな たまくしげ おほふをやすみ あけていなば きみがなはあれど わがなしをしも
英語(ローマ字) TAMAKUSHIGE OHOFUWOYASUMI AKETEINABA KIMIGANAHAAREDO WAGANASHIWOSHIMO
化粧箱の蓋を閉めておけば安心なのでとばかり、あなたは夜が明けてからお帰りになりますが、それでは浮き名が立ってしまいます。殿方のあなたはそれでも構わないでしょうが、女の身の私は浮き名が立つのは困りますわ。
左注
校異 毛 裳 [元][金][紀]
用語 相聞、恋愛、作者:鏡王女、藤原鎌足、娉、名前、贈答、歌垣、比喩
タイトルとURLをコピーしました