万葉集 第2巻 206番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻206番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第2巻 206番歌

第2巻
歌番号206番歌
作者置始東人
題詞(弓削皇子薨時置始東人<作>歌一首[并短歌])又短歌一首
原文神樂<浪>之 志賀左射礼浪 敷布尓 常丹跡君之 所念有計類
訓読楽浪の志賀さざれ波しくしくに常にと君が思ほせりける
かなささなみの しがさざれなみ しくしくに つねにときみが おもほせりける
英語(ローマ字)SASANAMINO SHIGASAZARENAMI SHIKUSHIKUNI TSUNENITOKIMIGA OMOHOSERIKERU
ささなみの浜辺に寄せてくるさざ波のように皇子さまは健在であれかしと常に思っていらっしゃったのに。
左注
校異波 浪 [金][紀]
用語挽歌、作者:置始東人、弓削皇子、殯宮、異伝、序詞
タイトルとURLをコピーしました