万葉集 第2巻 126番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻126番歌はこちらにまとめました。

第2巻 126番歌

第2巻
歌番号 126番歌
作者 石川女郎
題詞 石川女郎贈大伴宿祢田主歌一首 [即佐保大納言大伴卿<之>第二子 母曰巨勢朝臣也]
原文 遊士跡 吾者聞流乎 屋戸不借 吾乎還利 於曽能風流士
訓読 風流士と我れは聞けるをやど貸さず我れを帰せりおその風流士
かな みやびをと われはきけるを やどかさず われをかへせり おそのみやびを
英語(ローマ字) MIYABIWOTO WAREHAKIKERUWO YADOKASAZU WAREWOKAHESERI OSONOMIYABIWO
粋なお方と聞き及んでいましたけれど、共寝もしないで女をお返しになるなんてとんだ粋人ですこと。
左注 大伴田主字曰仲郎 容姿佳艶風流秀絶 見人聞者靡不歎息也 時有石川女郎 自成雙栖之感恒悲獨守之難 意欲寄書未逢良信 爰作方便而似賎嫗 己提堝子而到寝側 哽音J足叩戸諮曰 東隣貧女将取火来矣 於是仲郎 暗裏非識冒隠之形 慮外不堪拘接之計 任念取火就跡歸去也 明後女郎 既恥自媒之可愧 復恨心契之弗果 因作斯歌以贈謔<戯>焉
校異
用語 相聞、作者:石川女郎、大伴田主、贈答、掛け合い、歌語り
タイトルとURLをコピーしました