万葉集 第2巻 125番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻125番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第2巻 125番歌

第2巻
歌番号125番歌
作者三方沙弥
題詞(三方沙弥娶園臣生羽之女未經幾時臥病作歌三首)
原文橘之 蔭履路乃 八衢尓 物乎曽念 妹尓不相而 [三方沙弥]
訓読橘の蔭踏む道の八衢に物をぞ思ふ妹に逢はずして [三方沙弥]
かなたちばなの かげふむみちの やちまたに ものをぞおもふ いもにあはずして
英語(ローマ字)TACHIBANANO KAGEFUMUMICHINO YACHIMATANI MONOWOZOOMOFU IMONIAHAZUSHITE
たちばなの木の陰を踏んで四つ角に立つと、四方に分かれた道のように、離ればなれになっている妻のことがしきりに思われる。病床故に逢えないので。
左注
校異
用語相聞、作者:三方沙弥、物思い、植物
タイトルとURLをコピーしました