万葉集 第2巻 102番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻102番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第2巻 102番歌

第2巻
歌番号102番歌
作者巨勢郎女
題詞巨勢郎女報贈歌一首 [即近江朝大納言巨勢人卿之女也]
原文玉葛 花耳開而 不成有者 誰戀尓有目 吾孤悲念乎
訓読玉葛花のみ咲きてならずあるは誰が恋にあらめ我れ恋ひ思ふを
かなたまかづら はなのみさきて ならずあるは たがこひにあらめ あはこひもふを
英語(ローマ字)TAMAKADURA HANANOMISAKITE NARAZUARUHA TAGAKOHINIARAME AHAKOHIMOFUWO
玉葛に花だけ咲かせて実にさせないのはどこのどなたでしょう。私の方はずっと恋い慕っていますのに。
左注
校異
用語相聞、作者:巨勢郎女、大伴安麻呂、掛け合い歌、植物、比喩
タイトルとURLをコピーしました