万葉集 第2巻 103番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻103番歌はこちらにまとめました。

第2巻 103番歌

第2巻
歌番号 103番歌
作者 天武天皇
題詞 明日香清御原宮御宇天皇代 [天渟<中>原瀛真人天皇謚曰天武天皇] / 天皇賜藤原夫人御歌一首
原文 吾里尓 大雪落有 大原乃 古尓之郷尓 落巻者後
訓読 我が里に大雪降れり大原の古りにし里に降らまくは後
かな わがさとに おほゆきふれり おほはらの ふりにしさとに ふらまくはのち
英語(ローマ字) WAGASATONI OHOYUKIFURERI OHOHARANO FURINISHISATONI FURAMAKUHANOCHI
ここ明日香に大雪が降った。お前の実家の里に降るのはもう少し後かな。
左注
校異
用語 相聞、作者:天武天皇、藤原夫人、贈答、掛け合い歌、飛鳥、地名
タイトルとURLをコピーしました