万葉集 第2巻 186番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻186番歌はこちらにまとめました。

第2巻 186番歌

第2巻
歌番号 186番歌
作者 作者不詳(舎人)
題詞 (皇子尊宮舎人等慟傷作歌廿三首)
原文 一日者 千遍参入之 東乃 大寸御門乎 入不勝鴨
訓読 一日には千たび参りし東の大き御門を入りかてぬかも
かな ひとひには ちたびまゐりし ひむがしの おほきみかどを いりかてぬかも
英語(ローマ字) HITOHINIHA CHITABIMAゐRISHI HIMUGASHINO OHOKIMIKADOWO IRIKATENUKAMO
(島の御殿に勤務していた頃は、)一日にあれほど幾たびも出入りしていた東の大門。今では(閉じられていて)入ることもできなくなってしまったなあ。
左注 (右日本紀曰 三年己丑夏四月癸未朔乙未薨)
校異
用語 挽歌、作者:舎人、草壁皇子、柿本人麻呂、島の宮、殯宮挽歌、飛鳥、地名
タイトルとURLをコピーしました