万葉集 第2巻 187番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻187番歌はこちらにまとめました。

第2巻 187番歌

第2巻
歌番号 187番歌
作者 作者不詳(舎人)
題詞 (皇子尊宮舎人等慟傷作歌廿三首)
原文 所由無 佐太乃岡邊尓 反居者 嶋御橋尓 誰加住<N>無
訓読 つれもなき佐田の岡辺に帰り居ば島の御階に誰れか住まはむ
かな つれもなき さだのをかへに かへりゐば しまのみはしに たれかすまはむ
英語(ローマ字) TSUREMONAKI SADANOWOKAHENI KAHERIゐBA SHIMANOMIHASHINI TAREKASUMAHAMU
縁もゆかりもなかった、佐田の岡辺に帰りつく身となったが、生前、皇子がおられた島の宮の、あの宮中に誰か住むのだろうか。
左注 (右日本紀曰 三年己丑夏四月癸未朔乙未薨)
校異 舞 N [金][類][古]
用語 挽歌、作者:舎人、草壁皇子、柿本人麻呂、佐田岡、殯宮挽歌、飛鳥、地名
タイトルとURLをコピーしました