万葉集 第2巻 193番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻193番歌はこちらにまとめました。

第2巻 193番歌

第2巻
歌番号193番歌
作者作者不詳(舎人)
題詞(皇子尊宮舎人等慟傷作歌廿三首)
原文八多篭良我 夜晝登不云 行路乎 吾者皆悉 宮道叙為
訓読畑子らが夜昼といはず行く道を我れはことごと宮道にぞする
かなはたこらが よるひるといはず ゆくみちを われはことごと みやぢにぞする
英語(ローマ字)HATAKORAGA YORUHIRUTOIHAZU YUKUMICHIWO WAREHAKOTOGOTO MIYADINIZOSURU
農夫たちが夜昼往来する路をまるで宮道のようにしている。
左注右日本紀曰 三年己丑夏四月癸未朔乙未薨
校異
用語挽歌、作者:舎人、草壁皇子、柿本人麻呂、島の宮、殯宮挽歌、飛鳥、地名
タイトルとURLをコピーしました